Switch用セーブマネージャー「JKSV」の導入方法と使い方

SwitchHack

Switch用セーブマネージャー「JKSV」の更新があったので、今更ですが紹介をしたいと思います。

JKSVはセーブデータのダンプ&リストアが行えるアプリです。
ダンプしたデータは外部に保存可能な上、異なるユーザーにリストアする事が可能です。

同様の機能を持つ「Checkpoint」は本家の更新が停止しているので、現在はJKSVが主流です。
(派生版は12.1.0で動作します)

導入方法

以下のリンクから最新のJKSVをダウンロードして下さい。
リンク先はリリース一覧ページになっていて、新しいバージョンから順に並んでいます。
1番上に表示される物が最新バージョンです。

JKSV/releases

この記事を書いている時点での最新バージョン(08.01.2021)を例に説明を行います。

画像の赤枠で囲ってあるJKSV.nroをダウンロードして、MicroSDのswitchフォルダに配置して下さい。
以上で導入完了です。

使い方

hbmenuからJKSVを選択します。
Applet Modeでも起動可能です。

ユーザー選択画面になるので、セーブデータをいじるユーザーを選択します。

ゲーム選択画面になるので、対象のゲームを選択します。

上の画面がJKSVのメイン画面です。
「New」を選択してR又はL+Aボタンを押すと「ユーザー名-日付@時間」という形式でセーブデータをバックアップします。「New」を選択してAボタンを押すと名前選択画面に切り替わり、好きな名前でセーブデータをバックアップします。

バックアップ済みデータを選択して「Yボタン」を押すと、そのデータをユーザーにリストアします。

バックアップ済みデータを選択して「Xボタン」を押すと、そのデータをJKSVから削除します。

「Zrボタン」を押すとそのユーザーが持っている対象ゲームのセーブデータが消去されます。
switch本体の設定→データ管理→セーブデータの消去と同じ効果ですので、そっちを使った方が良いです。

表示言語の変更方法

ver.08.01.2021から日本語表示に対応したみたいですが、今まで通り英語表示の方が良いという場合は、以下の方法で表示言語を切り替え可能です。

ユーザー選択画面で「-ボタン」を押してオプションを開いて下さい。

1番下の言語の上書きでAボタンを押して「有効」にして下さい。
その後「+ボタン」を押すと変更がセーブされた状態でhbmenuに戻ります。

再びJKSVを起動すると英語表示に切り替わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました