Switch本体の更新(17.0.0)で本体がブリックする件について

SwitchHack

SwitchのFWを17.0.0に更新した際にSwitch本体がブリックしたので、経緯と対処法を残しておきます。

ブリックまでの経緯

SwitchをOFW(Wi-Fiオン)で「本体更新の準備ができました」から更新を開始後に放置。
しばらくしてSwitchの画面がブラックアウトしているのを確認、ボタンを押しても復帰しないのでスリープではなく電源が切れていると思ったが、電源ボタンを押しても反応無し。

電源ボタンを12秒長押ししてから再び電源ボタンを押してSwitchの起動を確認するも、最初のNintendoロゴが出た直後に画面がブラックアウトしてブリックを確認。

  • 電源ボタン12秒長押しでブリックから回復するが状況は変わらず。
  • 音量ボタンプラス&マイナス&電源ボタンの同時押しでメンテナンスモードが起動せず。
  • RCMからhekateを起動可能。
  • emunandでatmosphereの起動を確認するもsysnandでは起動せず。

管理人は無駄に本体を分解して組み立てる際に、雑な作業の結果MicroSDを折ってしまい、MicroSD内のデータを全て失いましたが、hekateを起動できる時点で何とかなるので焦る必要はないと思います。

対処方法

追記(2023/11/3)
現在は最新のatmosphereを導入することによって、この問題は自動的に修正されます。
以下の内容は当時の管理人が実践した古い情報ですのでご注意願います。

X(旧twitter)で以下のポストを見つけたので、実際に試してみました。
作業内容としては、hekateからTegraExplorerを起動してsysnandにある特定のキャッシュファイルを削除すればいいみたいです。

  1. TegraExplorer.binをDLしてMicroSDの「bootloaderフォルダ」内にある「payloads」フォルダに入れて下さい。sdmc:/bootloader/payloards/TegraExplorer.binとなればOKです。
  2. RCMからhekateを起動してPayloadsを選択してTegraExplorer.binを起動して下さい。
  3. TegraExplorerが起動したら「Browse EMMC」→「SYSTEM」→「SAVE」と進み「8000000000000120」というファイルを選択して削除して下さい。
  4. これで作業自体は完了していますが、最初にOFWを起動する前にatmosphereを起動させる必要があるのでBボタンを(3回)押して初期画面に戻って「Reboot to RCM」を選択して下さい。
  5. RCMに入ったらhekateを起動してLaunchからatmosphere(sysnand)を起動して下さい。
  6. sysnandでatmosphereが起動できれば、OFWも起動するようになりブリックも復旧しているはずです。